人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術を読んでみた

趣味

“人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術”という本を読みました。

本の概要
この本は、根性論ではなく理論的かつ技術的に早起きが出来る身体にするメソッドが記述されています。
ただ早く起きられるのではなく、アラームが鳴る5分前に自然と起きられるようにする技術です。
また、「充実した人生は、早起きからつくられる」とうたっており、誰でも必ず朝型の生活習慣を手に入れられる内容となっております。

この本を手に取った理由
私は、とことん早起きが苦手です。
学生の頃から、ギリギリまで寝てる派でした。
そんな自分ではだめだと思い、色々な本をあさっていました。
しかし、なかなか実践できる本に巡り合えず…
そしてたどり着いたのがこの本。
全然早起きが出来なかった私が、まさかできるようになるなんて。
早起き関連の本ではピカイチです。

続いて、自分が印象に残った内容を自分の感想も含め紹介します。

朝早く起きるメリットとは
起きる時間をコントロールできるようになると、様々な副産物が生まれます。
早起きが出来ることによって、「自分をコントロールできる!」という感覚が高まります。
そのため、ほかの自分との約束も守れるようになるんです。
運動や勉強、仕事、ダイエット、プライベートの予定など、自分で決めたことが守れるようになります。
そうすることで、自信がどんどんついていきます。
そう、早起きの最大のメリットとは、自分に自信が持てるようになることなんです!

起きる時間ではなく寝る時間に集中
すごく当たり前なんだけど、振り返ってみるとなかなか実践できてないのが早く寝ること。
(昔から早く寝なさいって言われてたな…。)
睡眠負債が発生しないよう、十分な睡眠をとることが必要なんです。
睡眠負債を抱えていると、起きている時間に影響します。
エネルギーが低くなり、低パフォーマンスになってしまいます。

センターピンに狙いを定める
センターピンとは、次の物事に進めるためのイベントのようなもの。
私は、夜の時間でいうと“お皿を洗う”ことがセンターピンです。
夕飯を食べてから、無意識にテレビをだらだらと観てしまう。
そして、お皿を洗うのが遅れる。
さらに、お風呂に入る時間が遅くなる。
結果、寝る時間が遅くなるという残念な流れになります。
そうならないためにも、センターピンに狙いを定める必要があります。
まずは、朝型の良い循環にするために守るべきルールや行動を見定めることが必要です。
見定めることが出来たら、良い循環が回り始めるまでそれを徹底して守ります。
そうすることで早起きする環境が整っていくのです。

ボトルネックを想定する
毎日が同じような流れではありません。
時には、突発的な用事やテレビが観たい時だってあります。
そういうことは、必ず生じます。
今までセンターピンに狙いを定めたり、いい感じにルーティンが回ってきたのに~・・と落ち込む必要はありません。
しっかりと対処すればいいことなんです。
まずは、スケジュールに例外パターンを作っておきます。
作っておくことで、ルーティンなどは意識しない日を気ままに過ごせます。
「今までのルーティンを壊してしまった!」などと悲観的にならなくてすみます。
ただ1つ注意が。
例外パターンを3日以上連続させないようにすることです。
そうしないと、本来のルーティンに戻りにくくなるからです。

一行まとめ
規則正しく、かつ柔軟に毎日を送ることが大切!

早起きできない方や、朝型になりたい方、人生の主導権を手にしたい方は是非読んでみてください。

主婦ブログ人気ランキングはこちらです!(^^)!

コメント