読書好きは「読書メーター」がおススメ!

趣味

こんにちは、ぽむた(@tentuma1123)です。
みなさん、読書し終わったら何か記録に残していたりしてますか?
以前、私は本を読んだら読みっぱなしにしていました。
そして時間が経つと、内容を忘れる始末・・・。
これって読書した意味が全くないですよね。
そんな時に出会えたのが「読書メーター」というサイトです。

読書メーターとは
自分が読んだページ数や冊数などの読書量をグラフにして読書記録を残せるサービスです。
また、日本中の読書家さんたちとコミュニケーションが出来るようになってます。
ウェブサイトとアプリもあって、アクセス環境はばっちりです。読書の見える化を実現できる
自分がどのくらい読書をしたのか数値やグラフで客観的にみることができます。
それによって、「結構私読書してたんだ~」と良い振り返りにもなります。

自分の読書履歴を管理できる
読書メーターは4つの項目にわけて管理できます。
・読み終わった本
・読んでいる本
・積読本
・読みたい本
特に私は、「積読本」機能がすごく気に入ってます。
私は一度にたくさんの本を購入することが多いです。
買ったときは覚えていても時間が経つと買ったことさえ忘れていることがあったりしました。(;^ω^)
ですが、積読本の機能を利用することによって、この悪しき風習は解決できました。(喜)

感想を記録できる
読書した本の感想を、データとして残すことが出来ます。
再読して感想を残したときも、さらに感想データとして蓄積されていきます。
この感想は、他のユーザーさんと共有でき、コメントやイイネ!を残すことが可能です。
また、他のユーザーさんの感想をみて、色々な角度から本の内容を捉えることが出来るのも良いところです。

相性機能が便利
読書メーターを利用しているユーザーさんと、読書志向が似たような方がランキング形式で表示される相性機能があります。
私と似たような本が好きな方と出会えて、とても親近感が沸いちゃいます(^ω^)
(相性度114%の方と出会えた時は、驚きました!)
また、そのユーザーが読んだ履歴も閲覧できます。
似たような志向を持ってる方が読んだ本って、必然的に「当たり本」と出会いやすくなります。
本屋さんに行かなくても気軽に本のザッピングが出来るところが便利ですよね。

ただ読書をして終わりにするのではなく、読書管理をしていくと読書の幅が広がっていきます。更に読書に深みをもてるところが読書メーターのいいところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

主婦ブログ人気ランキングはこちらです!(^^)!

コメント