「人生にゆとりを生み出す 知の整理術/pha」を読んでみた

こんにちは、ぽむた(@tentuma1123)です。
「人生にゆとりを生み出す知の整理術」を読みました。
この本を書いた著者は元「日本一のニート」phaさんという方です。
語り口も柔らかく、とても読みやすい内容になっています。
その中で自分が印象に残った箇所をピックアップしてレビューしていきます。

この本のコンセプト
超めんどくさがり屋のphaさんが編み出した、効率的な学び方をいくつも提示しています。
我慢強さがないからこそ、しんどいことを避けてうまくやるやり方を教えてくれます。
勉強を楽しむやり方を身につけることができるような内容です。

曖昧さが知識の定着に繋がる

まったく知らないジャンルについて勉強するときは、本を最低3冊読むようにしている

「人生にゆとりを生み出す知の整理術」 P70

1冊の本を多読すると、確かにその本に関しての知識は厚くなっていきます。
ですが、著者の意見も多少なりとも偏りがあるものです。
1冊しか読まないと、この偏りにも気づくことが出来ません。
なので、似たようなジャンルの本を複数読むことによって、中間地点の意見を知ることが出来ます。
この情報がかき混ぜられることが、その分野の勉強に繋がっていきます。
今まで、私自身1冊の本を読むことで満足していました。
ですが、なかなか自分の意見としてアウトプットすることが難しいと感じていました。
このphaさんの考えを知って、自分には知識をかき混ぜることをしていなかったんだと気づくことが出来ました。

言語化することの大切さ

問題に名前を付けることは、問題に対処する第一歩だ

「人生にゆとりを生み出す知の整理術」 P197

なんだか頭がもやもやする、自分の意見がまとまらない、、
言語化するということは、このなんだかモヤモヤしていることをカタチにしていくということです。
言語化は、第三者にそのものをわかってもらう手段でもあります。
言語化していくうちに、自分の考えがまとまりやすくなるし、自分のものにすることが出来ます。
もやもやと頭の中で考えるのではなく、まずは書いたり話したりなどすることで言語化していくことが大切なのです。
私も、今まではやるべきことをその都度頭で考えて「どれを先にすべきだったかな?つか何をするんだったけ?」
みたいな感じで、脳内で軽くショートすることが多かったです(汗)
なので、todoリストを用いることにしました。
これもいわゆる言語化ですよね。
カタチにすることで、頭の中のモヤモヤともおさらばできるし生産性のある物事の進め方が出来るようになります。

時間の区切り方にも工夫がある

「3時間仕事をして30分休む」よりも、「1時間仕事をして10分休むを3回繰り返す」というほうが、2倍くらい仕事ははかどる。

「人生にゆとりを生み出す知の整理術」 P224

ここでは、ポモドーロ・テクニックを紹介しています。
25分作業して小休憩で5分休むを1ポモドーロとします。
4ポモドーロまでいったら、小休憩(15分)を入れるというのがポモドーロ・テクニックの使い方です。
確かに、長く時間を見積もると人間だらけてしまうし集中力が切れます。
作業を細分化することで、パフォーマンスを向上していくことはとても賢いやり方です。
時間を区切ることを意識して、私生活に取りいれると、かなりメリハリがつきました。
仕事でもプライベートでも勉強でも使えるテクニックです。

まとめ
とにかくこの本はかなり読みやすかったです。
phaさんの人柄も知ることが出来て、怠け者の私にとってはかなり親近感が沸きました。
この本以外のphaさんの著書も読みたいと思えるほど、当たり本でした。

主婦ブログ人気ランキングはこちらです!(^^)!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。